KEYCO, COMA-CHI, CHAN-MIKA × ROOT SOUL -4piece-

2018.04.29 17:00


~ Corona SUNSETS HOUR presents ~
Sunny Day Lounge vol.3

KEYCO, COMA-CHI, CHAN-MIKA × ROOT SOUL -4piece-


Vocal:KEYCO, COMA-CHI, CHAN-MIKA
Band:ROOT SOUL -4piece-
Bass:池田憲一a.k.a ROOT SOUL
Guitar:竹内朋康(マボロシ/ex. SUPER BUTTER DOG)
Keyboard:タケウチカズタケ(A hundred birds/SUIKA)
Drums:KAKi(光風&GreenMassive/犬式)
DJ:T-POINT(竹内朋康)
MC:Mystie

Open 5:00pm / Start 6:00pm

Music Fee:
Adv(電話予約)…3,000yen
Door(当日)…3,500yen
※別途1オーダー
★電話予約開始 3/26(mon) 11:00am~

◎前売り電話予約
先着60名様にお席をご用意させていただきます。それ以降のお客様はスタンディングとなります。
(料金はLive当日にお支払い下さい)

surfers:Tel. 046-870-3307
営業時間(10月~4月):11:00am~6:00pm
※Liveなどのイベント開催時は夜まで営業時間を延長。
不定休(悪天候の場合は臨時休業)

※臨時休業や営業時間外の電話予約の場合、留守番電話に「お客さまのお名前、人数、電話番号」を録音してください。後日こちらよりご連絡いたします。
※予約キャンセルの場合は、前日までにご連絡ください。
※悪天候により中止または延期となる場合は、当日の10:00amに、surfers HPの「Inforamation」でお知らせいたします。

☆当日は、JR逗子駅前より送迎シャトルカーを運行。
始発は4:40pm。それ以降、毎時15分および40分発で、1時間に2本運行します。

[surfersまでのアクセス詳細] http://surfers.jp/?page_id=17



Keyco
‘99年アナログのみリリースされた「SPIRAL SQUALL」で話題となり、北海道のFM NORTH WAVE[STREET FLAVOR]でリクエストチャート6ヶ月間1位の記録を出す。また、結婚情報誌のテレビCM「パパパパーンの歌」で、存在感のある彼女の歌声に問い合わせが殺到。その後メジャーデビューを果たし現在までにオリジナルアルバム6作、コンセプトアルバム6作を発表。ネオ・ソウルをベースにジャンルの垣根を越え活動中。各シーンの一線で活躍するアーティストたちから厚い支持を受け、多数の名コラボレーションを実現。日本の女性シンガー・シーンにおいて突出した個性を誇る。’02年に長女出産。’14年「Sunny Day Soul」のリリースをきっかけにイラストを担当した娘Maycaとの共演、共同制作を開始。2017年新作EP「Drivin’ Alma」をリリース。
Website:http://www.keyco.jp/
Twitter:https://twitter.com/keyco_info
Facebook:https://www.facebook.com/pages/Keyco/1475640119353482?fref=ts
blog:http://ameblo.jp/nzmtest2
Youtube:https://www.youtube.com/user/KeycoSupporter

COMA-CHI
聴く者の魂を揺さぶり、太陽のように溢れ出すエネルギーで人々を照らす、力強いラップと歌。HIPHOP,R&B,FUNK,JAZZ…といったブラックミュージックに影響を受けた濃厚なグルーヴ感と熱いパッションが、COMA-CHIの音楽には詰まっている。中学時代よりボーカリストとして音楽活動を開始。15歳でHIPHOPと出会い、“ラップ”という表現方法を身につけるとその噂は瞬く間にJAPANESE HIPHOP界に広がり、RHYMESTERやZEEBRA、加藤ミリヤなど錚々たる面々からの客演オファーが殺到した。B-BOY PARK MCバトルで女性至上唯一のファイナリストの功績を残し、日本語ラップ界のNo.1女性MCとの賞賛を受けたそのラップの技術は、誰の耳にも確かだ。しかしそれだけには止まらず、アルバム「RED NAKED」でメジャーデビューを果たすと、その類い稀な歌唱力やファッション性にも話題が集まる。さらに近年ではメジャーを離脱し、より自己に忠実な表現を行なうために自らのレーベル/マネジメント「Queen’s room」を設立。生バンドのサウンドを主体とした楽曲を基調に、「太陽を呼ぶ少年」「GOLDEN SOURCE」といった作品を精力的にリリースする。また、ジャマイカのレゲエオリジネーターsly&robbieのグラミーノミネート作品や、オーストラリアの重鎮プロデューサーplutonic labの作品にフィーチャーされるなど、その存在は世界に広がりつつある。

CHAN-MIKA
横浜出身。Clubカルチャーに触れ歌いはじめる。 ソウル、ジャズ、レゲエの生音に魅了されBAND活動する一方、ニューヨーク、ロサンゼルス、ジャマイカ、オーストラリア、台湾、パラオでのセッションを重ね作詞、作曲、歌唱、オリジナリティーを探求していく。鎮座DOPENESS&DOPINGBANDに加入。 2012年8月、1stアルバム『SIDE 2 SIDE』を発売し、iTunes “BEST NEW ARTIST”(Reggae部門) を受賞。 自主レーベルnatural vibes recordsを立ち上げ、精力的に活動している。 暖かみのあるファンシーなハスキーボイスと度肝を抜くファンキーなライブパフォーマンスはフェス~ライブハウス、バーやカフェ、お祭りとステージを選ばずオーディエンスを取り込み、揺らしている。 2013年12月、セルフプロデュースで制作された2ndアルバム『SUN TRACKS』を発売後、JET SET RECORDSとWネーム7inchカラー・ヴァイナル発売。即SOLD OUTとなる。 2015年2月、旧友Hatayoungと共同制作したミニアルバム「SU☆MIKA☆E」を発売。 2016年2月、ギターリスト長崎真吾をプロデューサーに迎え、ミニアルバム「Back to Where」を発売。 2017年3月、リミックスアルバム 「ON TIME」をうたげプロダクションより発売。 今秋、W新曲7inchカラー・ヴァイナル発売予定。 ラフでタフな女性シンガー“CHAN-MIKA”が今、ネクストステージへの一歩を踏み出す。

Facebook